スポンサード リンク
Translate

蒙古ひだ解消のマッサージ方法(前編)


蒙古ひだ解消のマッサージ方法についてご紹介します。
内容が多くなったので、前編と後編に分けて説明していきます。

 

■蒙古ひだとは

蒙古ひだとは、目頭の部分を覆い被せるように上まぶたから伸びている
皮膚の事です。
目頭には涙丘といわれるピンク色の肉の部分がありますが、
蒙古ひだがある人は、この涙丘が隠れて見えません。

 

■なぜ蒙古ひだがあるの

蒙古ひだは東洋人に非常に多く、日本人に至っては、蒙古ひだの発達の程度に
個人差はありますが、ほぼ100%の確率で蒙古ひだがあります。

これは人類の進化の過程で、ヒマラヤ山脈を超えて東北アジアの寒い地域
で生活する我らが祖先のモンゴロイドが、寒さから目を守るために蒙古ひだが
発達したと言われております。

 

■蒙古ひだのメリット、デメリット

蒙古ひだは人類の進化の過程で寒さから目を守るために発達させたので、
生物学的に言えば、メリットが多いのです。進化したわけですから。。。

 >メリット
   ・蒙古ひだは寒さから目を守る
   ・蒙古ひだは張りが強いので、目がたるんでシワになりにくい
   ・蒙古ひだの分、目頭の周囲が肉厚になるので、クマが出来にくい

ただし、現代人にとっては、目を寒さで酷使するような事はないので、
特に一重まぶたの人にとっては、蒙古ひだはデメリットだけかもしれません。

 >デメリット
   ・蒙古ひだが目頭を被い、目が小さく見える
   ・蒙古ひだが目頭を被い、目が離れて見える
   ・蒙古ひだの張りのせいで、末広型の二重まぶた、又は奥二重まぶた
   ・蒙古ひだの張りのせいで、一重まぶた

確かに、蒙古ひだが無い西洋人などのコーカソイド系の人種は、
アーモンド形のパッチリとした大きい目の人が多いです。

蒙古ひだが無いだけで、目の大きさが変わり、
印象も違ってくるのは確かです。

 

■蒙古ひだを無くす方法は?
 蒙古ひだを無くす方法で手っ取り早いのが、
 整形手術による目頭切開方です。
 30分程度の整形手術で、5日間程度で抜糸、1週間もあれば
 蒙古ひだとはオサラバです。

 ただ、親にもらった体にメスを入れるのはちょっと。。。。
 とか、失敗の話も聞くので整形はちょっと怖い。。。
 とか、そもそも整形だけはしたくない。
 という人もいるかと思います。

 あとは、蒙古ひだを無くす方法ではないですが、
 年齢と共に皮膚の張りも衰えるので、蒙古ひだの張りも衰え、
 蒙古ひだが目立たなくなる事もあります。

 ただ、そんな年を取るのを待ってる時間は無い!
 青春は今だけなんだ!
 そんな人には、蒙古ひだ解消のマッサージ方法がお勧めです。

 では、蒙古ひだ解消のマッサージ方法を次から紹介致します。

 


↑ 御参考になれば、ポチッと応援ください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 蒙古ひだ解消のマッサージ方法(前編)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]


スポンサード リンク

佐藤 誠 の紹介

こんにちは、佐藤誠です。
カテゴリー: 二重まぶたのマッサージ方法 パーマリンク

トラックバックURL

コメント & トラックバック

こんにちは!
私は蒙古ひだがかなり強めなのですが、それでも二重になれますでしょうか?瞼はそれほど脂肪があるわけではありません!

こんにちは、コメント頂きどうもありがとうございます!

蒙古ひだを無くす事はできませんが、二重のラインが入りやすくなる様に、緩める事は出来ると考えております。
二重になれるかどうかは、どれだけ頑張れるかだと思います。
二重になる時間は個人差がありますが、お金は掛かりませんので、チャレンジして損は無いかと思います。

何かご不明な点があれば、コメントでお返事させて頂きますので、遠慮なくコメントくれてOKです。

それでは、また何かありましたらいつでもどうぞ!!
では。

こんにちは!
質問なのですが、蒙古襞というのは目頭の「皮」のことなのでしょうか?
それともその目頭の奥?にある固い感じのものなんでしょうか?
私の場合、その固いものを鼻側に押すといい感じがします。
分かりづらい質問ですいません。、

こんにちは、コメント頂きどうもありがとうございます。

そうですね、蒙古ひだなので、皮というか、瞼と同じもの。
つまり瞼の延長みたいな感じですかね。

個人差もあると思いますので、私には目頭の奥に固いものはちょっと見当たらないのですが、
アドバイス、誠にどうもありがとうございます。

今後とも何かお気づきの事、ご不明な点などありましたら、
何でもコメント頂ければ幸いです。
それでは、また。

コメントフィードを購読する

コメント





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>